報道 - トピック返信
現代宗教2012 大災害と文明の転換
【返信元】 宗援連関係者の出版物
2013年03月12日 08:36
国際宗教研究所編『現代宗教2012』(秋山書店、2012年、定価¥2,200)http://www.iisr.jp/publish.htm
【対談】玄侑宗久×島薗 進 「〝フクシマ〟にみる文明の転換」
【随筆】金子 昭「宗教の救済力はどこにあるか」
【随筆】中野 毅「東日本大震災から宗教と文明のこれからを考える」
【随筆】星野英紀「菅直人の四国遍路」
【コラム】アンドリューズ・デール「東日本大震災と日本在留外国人」
渡辺和子「ポニョと海の中と外」
藤原聖子「大震災は〈神義論〉を引き起こしたか」
稲場圭信「被災地宗教者の活動と後方支援の輪」
碧海寿広「震災以後の宗教情報」
吉水岳彦「東日本大震災被災地支援における仏教者の活動について」
岡田真美子「3・11 二一世紀の置書事始」
木村敏明「震災死者と宗教」
塩尻和子「民主化ドミノと脱宗教という幻想」
飯塚正人「民主化とイスラーム」
岩崎真紀「宗教的マイノリティからみた一月二五日革命」
三木 英「記憶と人をつなぎ続ける難しさ」
板井正斉「山田のご縁は支援の動機になるか」

2011年の宗教動向(2010年10月~2011年9月)
【国内】塚田穂高「日本社会と「宗教」をめぐる区切りと兆し」
【海外】藤野陽平・平野直子「大変動の中の国際宗教」

書き込みツリー表示