報道 - トピック返信
6/1寺門興隆6月号の宗援連第1回情報交換会記事
【返信元】 宗教者災害支援連絡会に関する報道
2011年07月03日 14:04
『寺門興隆6月号』「被災地には僧侶にしかできぬことがたくさんある」という記事に
「宗教者災害支援連絡会」が開いた第1回情報交換会・事例報告に学ぶ」という見出しで、第1回連絡会の模様と東漸寺(松戸市)鈴木悦朗住職の話、天理教の活動に関する金子昭氏の発表、星野壮氏の被災地報告、仙台キリスト教連合のグリーフケアに関する田代志門氏の報告が紹介されています。(pp.72-79)

その記事の後には「大震災に宗教の社会貢献を考える」として稲場圭信氏の「宗教者だからできる心だけではないまるごとのケアを(1)」が始まっています。(同pp.80-87)

更に続いて川浪剛氏の「行政の目の届かぬ地域でお寺はがんばっている」(pp.88-91)が読めます。

書き込みツリー表示