もろもろ情報 - トピック返信
曹洞宗シャンティ白鳥さんからのアドヴァイス
【返信元】 支援側へのヒント・アドヴァイス
2011年04月14日 23:36
ダイナックスの津賀さんより:
「気仙沼で支援されているシャンティ国際ボランティア会の
白鳥さんから、伝言・代筆を依頼されましたので、お伝えします。」

(ここから)------------

みなさん、シャンティ国際ボランティア会の白鳥です。

3月15日から現地入りし、宮城県気仙沼市での支援活動、
災害ボランティアセンターの立上げ、運営を支援しています。

気仙沼市災害ボランティアセンターは、地元社協さん、
日本赤十字社、支援P、社協ブロック派遣、NPO・NGO、
みんなで協働して、立上げ、運営しています。

いろいろなところから問合せいただいています。
ご連絡、ご支援ありがとうございます。
日々、様々な方とやりとりしながら、よりよい支援を考え、
動いています。

現地からの情報発信が遅くなり、申し訳ございません。
週末に現地入りした津賀君に、メッセージ発信を依頼しました。

みなさんご承知と思いますが、気仙沼市内は津波被害により、
家屋の片付け、避難所の支援などが必要となっています。
特にこれから、津波被害のあった地域での泥だし・片付けなどの
活動のために多くのボランティアが必要になってくるので、
その受入準備などを進めています。

もし団体として活動を検討される場合は、先遣スタッフを派遣して、
現場の状況をつかんでいただきたいです。

地元の方とボランティアが一緒にする家屋の片付けを、
地元の方が普段の暮らしの「思い出探し」、
ボランティアの方との「思い出づくり」に
していきたいと考えています。
ぜひ「ボランティアバス」などで応援に来て下さい!

その際に、お願いしたい点をまとめましたので、
添付ファイルをぜひお読みください。

また、「泥だし・片付け」の活動を機会として、
継続的な支援を考えていただけることを期待しています。

この情報発信は、気仙沼市だけの支援していただきたいと
いうわけではありません。この添付メッセージを読んでいただき、現地支援の参考にしていただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。


【白鳥携帯】090-2622-3692
 18日から現地を離れ、20、21日は東京にいる予定です。