輸送関連事項 - トピック返信
施設送り 2011年3月20日
【返信元】 村送り・村継ぎシステム
2011年03月20日 14:41
山陽新聞 2011年3月20日 特集4面
全国ネットの高齢者施設 ニーズに応じ物資リレー

全国約130の高齢者施設が会員の「21世紀・老福連」(京都市)が東日本大震災を受け、全国の施設ネットワークを生かし、仙台市と福島、山形各県の施設を利用する高齢者のために物資リレーを展開している。
仙台市宮城野区の高齢者福祉施設「宮城野の里」には、高齢者約30人が取り残された。加えて近隣の被災者約100人も「避難所」として詰めかけ、飲料水や缶詰、高齢者用のおむつが不足。老福連事務局に物資輸送を要請した。
事務局は、ガソリン不足により途中で給油ができないため、ネットワークを利用しリレー輸送を始めた。16日午前、大阪府の2施設からワゴン車2台が第一便として出発。金沢や新潟、山形の各施設で救援物資を積み足し大型車に乗り換え、18日に仙台に到着した。「物心両面の支えに励まされています。頑張ります」と感謝の声が上がっている。
2007年の新潟県中越沖地震の際、他府県の施設から職員を派遣するなど会員には「助け合いの精神」が根付いていたという。事務局の大谷尚子さんは「ガソリン不足で時間のロスはあるが、現地のニーズを聞きながら各地で物資を積み込める利点がある」と話す。
老福連のインターネット掲示板には必要な物資として「乾電池、燃料、簡易トイレ」とリアルタイムで書き込みが続く。全国で情報共有しながら、リレー便を増やす予定だ。

書き込みツリー表示
村送り・村継ぎシステム - 11/03/20 14:13 (ひよこ)